【王道ボドゲ3選】~これだけは外せない超有名ボードゲーム!~

【王道ボドゲ3選】~これだけは外せない超有名ボードゲーム!~

253

1.王道ボドゲ3選①:カタンの開拓者たち

カタンの開拓者たち(以下、カタン)はドイツ発祥のボードゲームでプレイヤー間での交渉を楽しめるのが特徴です。日本でも人気が高く、日本大会、世界大会共に開かれているほどです。世界のボードゲームの中で3,000万個以上の販売数を誇る超メガヒットゲームです。ボードゲームの面白さがすべて詰まった完成度の高いゲームシステムかつ、老若男女問わずハマれるやり込み要素の多いゲームで、友達とカジュアルに始めても楽しめるところが多くのファンを国内外に持つ理由です。

カタンのゲームイメージ図

プレイ時間:30分

人数:2~6人

利用シーン:友達とじっくり楽しむ

プレイヤーは 「カタン島」と呼ばれる島を開拓するためにやってきた開拓者 という設定で、島で採れる5種類の資源を使い、街道を伸ばして開拓地を発展させ、誰よりも先に「勝利ポイント」を10点得る事を目的としたゲームです。

均衡のとれた絶妙なゲームバランス、交渉コミュニケーションを前提とした人間味、自分で意思決定をする必要のある戦略自由度などがカタンの魅力です。また、オンライン版もありますし、国際大会もある知名度の高いゲームなので、初めましてで楽しむのも、自分の周りの友人と一緒にやりこむにももってこいです。

関連記事紹介

2.王道ボドゲ3選②:カルカソンヌJ

カルカソンヌJはフランス南部・古代ローマの要塞都市であったカルカソンヌをモチーフとしたドイツ発祥のボードゲームです。ドイツゲームの2大賞(ドイツ年間ゲーム大賞大賞、ドイツゲーム大賞1位)を獲得した人気ゲームで、シリーズ化もされています。一般的には、囲碁など陣取りゲームに分類されますが、陣地のとり方(得点のとり方)が様々あり一発逆転も狙えます。

ゲームイメージ図を挿入

プレイ時間:30~45分

人数:2~5人

利用シーン:パーティー、親しい人と自宅で

カルカソンヌはゲームの終了までに最も多くの得点を獲得したプレーヤーが勝者となります。各プレーヤーは自分のターンで①地形タイルを引いて配置する、②配置した地形タイルにミープルを配置するかどうかを決める、という大きく2つのアクションしか出来ません。この2つのアクションを駆使しながら上手く自分の領土を拡大していくことで得点を獲得することできます。

カルカソンヌはルールもシンプルで、美しく描かれた地形タイルが視覚的にも領土を増やしていく感覚を味あわせてくれます。引いた地形タイルによって、戦況も大きく変わることから、初心者が何度もプレーしたことがある人に勝つことがあるなど運要素もあるため、幅広い層で楽しめること間違いなしです。

関連記事紹介

3.王道ボドゲ3選③:宝石の煌き(スプレンダー)

宝石の煌き(スプレンダー)は、フランス発祥のボードゲームです。2014年度のドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた人気作品であり、簡単なルールとプレー時間の短かさに加え、深い戦略性もありながら、運要素とのバランスがとても良く、初心者と経験者の差が比較的出にくいゲームです。 重すぎないプレイ内容に、1回プレイするとすぐにもう1回プレイしたくなる作品となっています。

ゲームイメージ図を挿入

プレイ時間:30分

人数:2~4人

利用シーン:じっくり、何度も

プレーヤーはルネッサンス期の商人となり、宝石鉱山や輸送手段や販売店を買い取り、職人を雇いあげ、貴族とのつながりを深くして威信点(勝利ポイント)15点の獲得を目指すというボードゲームです。

このゲームを初めて遊ぼうとした時は、難しそう?と最初は感じるかもしれませんが、実際に遊んでみれば手順のシンプルさや、絶対的な勝ち方のないゲーム性にすぐ魅了されることでしょう。他方で、様々な勝ち方が出来る奥深いゲーム性にハマること間違いなしです。見た目に反して、プレイ時間が短いので気軽に遊べますし、その軽めな感じがリプレイ率の高さにも繋がります。

関連記事紹介

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?今回紹介した3つのゲームはボドゲの中でも王道中の王道です。これからボドゲを買って遊ぼうと考えている人はこれらのゲームをまず選んでみて間違えはないです。ぜひ一度プレイしてみて下さい!

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.