【パーティーにオススメボドゲ3選】~みんなでやればやるほど盛り上がるボードゲーム~

【パーティーにオススメボドゲ3選】~みんなでやればやるほど盛り上がるボードゲーム~

今回は大人数で楽しめるパーティ向けのボードゲーム特集記事を組みました。騙し合い、心理戦、みんなでドキドキはらはら楽しめるボードゲーム達をそれでは紹介していきます!

113

1.パーティーにオススメボドゲ3選①:ごきぶりポーカー

ごきぶりポーカーは2004年にドイツで発売されたゲームで、日本でもメビウスゲームズという会社から日本語版が発売されています。(ドン・キホーテや家電量販店、ロフトなどのゲームコーナーでよく見かけます。)相手の言っていることが本当かどうかを見破る力が試される(トランプのダウトに似た)ゲームです。

ごきぶりポーカー

プレイ時間:30分 人数:2~6人 利用シーン:パーティ、合コン

ごきぶりポーカーは1人の勝者を決めるのではなく、1人の敗者を決めるゲームとなります。シンプルなゲーム内容ですが、心理戦、駆け引きをしながらお互いに嘘を見抜きあるカードゲームです。(これはごきぶりなのか、それとも違うのか・・・さてどちらでしょうか・・・)

ごきぶりポーカーは誰でも簡単にルールを覚えることが出来ますし、持ち運びもトランプ感覚で簡単です。キャンプなどのアウトドアレジャーに持っていけば、その場を盛り上げること間違いなしです。

関連記事紹介

2.パーティーにオススメボドゲ3選②:ニムト

ニムトはボードゲームの本場ドイツでもメジャーなゲームで、最大10名まで遊ぶことができる鉄板ゲームです。 シンプルなルールとは裏腹に、駆け引きの要素もあり、誰でも気軽に楽しむことができます。

二ムト

プレイ時間:20分 人数:2~10人 利用シーン:パーティー

七並べのようにカードを配置しな最後に持っているカードのマイナスポイントの合計が一番少ない人が勝ちとなります。がら、カードを取らないようにするのが、このゲームの目的です。

ニムトは、ルールのシンプルさ、進行中の緊張感、テンポの良さ、パーティーゲームに必要な要素がすべて詰まっています。 本当に誰でも楽しめる名作です。

関連記事紹介

3.パーティーにオススメボドゲ3選③:お邪魔者

お邪魔者は鉱山で働くドワーフをモチーフとしたボードゲームです。プレイヤーは全員穴掘り名人のドワーフになり、山の坑道深くにある金塊を目指し穴を掘ります。しかしドワーフには真面目に金塊を目指す”金塊堀”たちと、それを阻止しようと目論む”お邪魔者”たちがおり、金塊争奪戦が行われます。

お邪魔者

プレイ時間:30分 人数:3~10人 利用シーン:パーティー

お邪魔者は金塊堀チームは金塊を獲得、お邪魔者チームは金塊の獲得の阻止が出来れば勝者となります。スタート地点から7枚のカードを掘り進め、三つあるゴールカードのうちの一つの金塊を巡ったチーム戦です。

お邪魔者はみんなでワイワイと楽しめるブラフゲームです。誰が味方か敵か分からない疑心暗鬼なゲームの始まりと、徐々に金塊に近づいて勝つか負けるかのスリリングな展開を友人、家族と楽しんでみてください!

関連記事紹介

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?紹介したゲーム以外にもみんなで楽しめるゲームは沢山あります。どれも違った良さがあり、シンプルですが誰とでも何度でも楽しめて人との距離を縮めてくれること間違いなしです!ぜひ一度プレイしてみて下さい!

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.