【インタビュー】GOTTA2 高田馬場から世界へ届ける”ゲームが作る、より良いコミュニケーション。”

【インタビュー】GOTTA2 高田馬場から世界へ届ける”ゲームが作る、より良いコミュニケーション。”

今回は、高田馬場のボードゲームカフェGOTTA2さんにお話をお伺いしました。 ボードゲームの可能性とお二人の持つ熱い情熱を沢山語って頂きました。

96

遊び場だけではなく、作品を届けるボードゲームカフェ

Q.「本日は、お時間をお取り頂き有難うございます。まず初めにお二人の好きなボードゲームについて聞いても宜しいでしょうか?」

(二人同時に、なんなら食い気味に) やはり、新作ゲームですね!

Q.「あ、やはり新しいゲームは常に確認していらっしゃるという事ですね?」

いや、自分たちの作っている最新ゲーム です!(笑)

実は、GOTTA2はボードゲームカフェも運営をしているのですが、自分たちでボードゲームの製造/販売も行っています。現在海外、国内両方でボードゲームの販売や、海外のゲームマーケットに出展したりもしています。中にはライセンス契約をして、海外で販売を行っていただいている作品もあります。

(日本:ゲームマーケット 2007年より毎回出展 / ドイツ:Essen Spiel 2018年より毎回出展 / 台湾:Swan_Con 2018年出展、台北Game Show2019年出展)

◆ゲーム作品:Where am i?/ 白雪姫のアップルルーレット / GATHER ROUND / Flipover Frog 他40作品以上

人とボードゲームを繋げる場

Q.「凄いですね、一気通貫でGOTTA2さんはボードゲーム体験を届けていますが、一体どのような経緯で設立されたのでしょうか?」

現在のGOTTA2 Caféは2017年に開業をして、カフェ(飲食業)をメインの事業としてスタートしました。ただ製造販売は、2007年から行っており、ボードゲームを開発して、ゲームマーケットで販売等をしていたので、最初のルーツはカフェ事業ではなく、ボードゲーム作品の制作と言えます。そんな中で、弊社の取締役の岡部が「一緒にカフェをやろう!」と言ってくれたのがカフェ開業のきっかけでした。

今でこそ、徐々にボードゲームカフェ数も増え、テレビなどメディアでも取り上げられるようになりましたが、少し前までは子供は公民館や市役所などで遊び、大人も、カフェや家でやるなど、公の場所でボードゲームを遊べる場所は限定的でした。

ボードゲームは「遊べる場所」、そして「遊び相手」がいないと遊べないからこそ、誰かがやらなければ自分達の好きなボードゲームが少しずつ廃れるとの想いもずっとあったので、それなら自分たちでボードゲーム業界を盛り上げてやろうという気持ちでカフェを始めました。

Q.「ちなみに、お二人は現在の会社を経営される前は何をされていたのでしょうか?」

(柳川さん):色々やりました。私は、最初はエンタメコンテンツ会社で働き始めましたが、店舗経営を学びたいなと考えビリヤードバーの店長を経験したり、システムエンジニア、プラント設計の会社などでも働きました。終盤はソーシャルゲーム全盛期のタイミングで、企業のゲーム事業の立ち上げや、ゲームの企画などを経てGOTTA2を創業しました。

(勝間田さん):実は、私も工場のプラント設計をしておりました。元々は代表の柳川とは大学時代からの友人で、一緒に学食でMTG(マジックザギャザリング)を遊んだりする学友でした。そんな中、社会人になってから、たまたま同じ職場で柳川と再会し、働くことになり、それが現在のキャリアを選択する大きなきっかけとなりました。

1000年以上続く魅力

Q.「そんな前職からGOTTA2創業という想い(好きなボードゲームをもっと多くの人へ届けたい、廃れさせたくないという想い)はどのように生まれたのでしょうか?」

(柳川さん):私自身コミュニケーションが元々苦手で、だからこそコミュニケーションツールでもあるボードゲームがあった事で自分自身も助けられ、生きやすかったというのが一番大きな原体験だと思います。例えばバックギャモン(盤双六)のように、1000年以上前のボードゲームが今でもずっと楽しめているのが凄く面白いなと思います。

私自身がエンタメ業界、ゲーム業界にも身を置いていた身なので改めて思いますが、スポーツ以外で最後まで生き残るのは結局ボードゲームではないかと思っています。勿論オンラインで世界中と繋がれるなど最新のソーシャルゲームにも良さはあります。他方でゲーム機器やOSが変わったら徐々にソフトは遊ばれなくなったり、使えなくなったりもします。手元にあって、人がそこにいればすぐに遊べるシンプルさ、アナログさがボードゲームが世界中で今なお楽しまれる理由の一つではないかと思います。

コミュニケーションツールとしてのボードゲーム

Q.「 GOTTA2さんでは海外の展示会への出展をはじめ、国内外の知見があると思うのですが、どうして日本のボードゲーム業界の盛り上がりはドイツや北米に比べてまだ少し弱いのでしょうか?」

実は過去に日本でもボードゲームは大手企業さんが出したりしていて日本も早くから盛り上がってはいたんです。まさにタイミングで言うとファミコンの時代とかですかね。ただ娯楽文化の多い日本では徐々に他の娯楽の中にも埋もれていってしまった背景はあります。

一方で、ヨーロッパなどは元々娯楽文化が少なく、夜のお店の営業なども法律で規制されていった為、家に帰った後に家族の時間になります。そんな中でボードゲームが家族の時間を作るうえで大切なコミュニケーションツールとして根付いていきました。

総論としては、文化背景が違うので海外のボードゲームと日本のボードゲームという視点で見るのではなく、コミュニケーションツールとしてどのように社会に溶け込ませていけるかを考える事が大切かなと思います。

Q.「面白いですね。そんな背景が最初のカフェを開業した経緯という事ですね。ではGOTTA2さんがボードゲームの製作もしている理由はなんでしょうか?」

そうですね、近年ドイツを中心にボードゲーム業界が作家性を尊ぶという文化が出来てきました。簡単に言うと、今のソーシャルゲームやテレビゲームは誰が作ったか?と聞かれると企業名が出てくると思います。

一方で、ボードゲームはそれを製造販売している企業ではなく個人の名前と共に作品として世に出ていくようになったのです。それは大きな文化的な前進だと考えていて、日本でもその文化が徐々に浸透してきて、個人の作品として世の中に新たなゲームが生まれるようになってきています。

つまり、作り手としては作家性があるのがボードゲームの良さだと思います。私たちもきっと自分が作ったものを世の中に出していきたいんです。「オレが作ったこのゲーム面白いだろ?」って言いたいんですよね(笑)。それがやはり今の制作に携わる自分たちの原点かもしれません。

ゲームが作る、より良いコミュニケーション。

Q.「少し話は戻りますが、ボードゲームカフェのコンセプトをお伺いしてもよいでしょうか?」

「ゲームが作る、より良いコミュニケーション。」それが自分たちの作りたい世界観です。自分がそれに助けられたこともあり、また今のGOTTA2メンバーとの出会いのはじまりでもあり、ボードゲームが持つこういった可能性・力をしっかり届けていきたい、そんな社会を作って行きたいという想いからこのコンセプトにしました。ボードゲームの“楽しい“が分かるお店GOTTA2でそんな貴方の為のボードゲームを沢山置いてお待ちしております。

Q.「コロナも少しずつ落ち着いてきましたが、今後のカフェやゲーム制作の展望をお伺いさせていただけませんでしょうか?」

カフェでは、場所に付加価値をもっとつけて個人のお客様に魅力のあるカフェにしていきたいです。更に、貸切プランを強化して団体の方に楽しんでいただけるようにしたり、多店舗展開などの思いもあり、一人でも多くの方に素敵なボードゲーム体験を届けていきたいなと考えております。

ゲーム制作では、GOTTA2のゲームはインスト※1分ですぐに遊べるシンプルさと、ジャンケンのような簡易なゲームではなく、芳醇なゲーム性を両立させることを大切にしています。どちらかというと、今の流行りを追うというよりは自分達の信念を込めたゲーム作り、つまりコンセプトでもあるコミュニケーションを中心に添えたものを作っています。それこそ、お酒を飲んでいても楽しめる事等は意識していて、カードやコンポーネントが濡れても大丈夫であったり、酔ってもすぐに理解できるとかは今も大切にしています。iPhoneやダイソンの掃除機等も説明書が無くてもわかるように、長くて分厚い説明書が必要なゲームではなく、どんな状況でもすぐに遊べて、楽しめるゲーム作りを今後も目指していきます!私たちのゲームが遊んでみたい方も是非一度お店に遊びに来てください!

※英語のinstructionからの略語でボードゲームのルール紹介をする行為を指します。

◆最後はお店の真横にある子育地蔵尊で、我が子のように育て上げてきたGOTTA2の更なる成長を祈願したのち、写真撮影させていただきました。

まとめ

今回は、ボードゲーム制作からカフェの運営までを一気通貫で運営し、ボードゲームの楽しさを届け続けるGOTTA2の柳川さん、勝間田さんにお話しをお伺いさせていただきました。お二人のユーモラスな人間性に、編集部も終始笑いの絶えないとても楽しいインタビューでした。柳川さん、勝間田さん、ご協力いただいたGOTTA2スタッフの方、本当にありがとうございました!

お店の情報はこちら

Gotta2

HP
https://cafe.gotta2.jp/
Twitter
https://twitter.com/_gotta2
電話番号
03-6873-5139
営業時間
月~金:13:00~21:00
土日祝日:13:00~21:00
※新型コロナウィルスの状況を鑑みて、
 2021年10月現在平日は予約運営をしております。
住所
東京都新宿区西早稲田2丁目16番17号 N.Kビル2階
アクセス
高田馬場駅より徒歩8分、西早稲田駅より徒歩4分

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.