【インタビュー】あまやどり 御徒町駅徒歩2分、誰もが楽しめる空間作りの秘訣を伺いました!

【インタビュー】あまやどり 御徒町駅徒歩2分、誰もが楽しめる空間作りの秘訣を伺いました!

今回はJR御徒町駅から徒歩2分にあるボードゲームカフェ、あまやどりのオーナーたかひろさんにインタビューをさせていただきました!

294

 

「本日はお忙しい中インタビューを受けていただき、ありがとうございます。まず初めに、オーナーのたかひろさんのこれまでの経歴につきまして、お伺いしてもよろしいでしょうか?」

はい。前職では介護の仕事をしておりました。もともとは保育士を目指していたのですが、少子高齢化の問題などもあり、保育士となるための間口が狭くなっていました。そこで同じように人と関わる仕事は何かと考えた時に、選んだのが介護士という道で、専門学校を卒業してから10年間介護士として勤務していました。

◆10年間介護士として働き、ボドゲカフェを開業したという、たかひろさん。

「人と関わる仕事という軸がもともとあったということですね。10年間勤務した後、なぜボードゲームカフェを開業するということになったのでしょうか?」

10年間介護の仕事をやってきた中で、様々な経験をさせていただきました。その中で、どうしても会社勤めだと会社の方針や決まりがあり、それに従わなくてはならず、そこが少し窮屈だと感じていました。その経験から、自分の店を開いて、自分の好きなようにやってみたいという考えに至りました。そう考えた時に、じゃあ何をやるのか?という問題になりますよね。その時にどうせ自分の店を開いて、自分の好きなようにやるなら、お客様に提供するサービスも自分の好きなことがいいと思い、もともと好きだったボードゲームの店を開くことにしました。

◆インタビュー中も終始笑顔で対応いただき、人柄の良さが溢れていました。

「どおりで、たかひろさんの明るいイメージがお店の雰囲気にも表れている訳ですね。ボードゲームを好きになったのは何かきっかけがあったのでしょうか?」

実は学生の頃はほとんどやったことがなく、社会人になってお金を自由に使えるようになってからハマりましたね。最初は友達とこのゲームを一緒にやったら面白そうだからやってみようかな?と思って『犯人は踊る』など、ワイワイ遊べるようなパーティゲームを遊んだことがきっかけでした。

「当時からいろいろなジャンルのボードゲームに触れられてきたかと思いますが、現在好きなボードゲームやジャンルはありますか?」

ジャンルでいうと大喜利系は少し苦手なのですが、それ以外は全部好きです。その中でもトリックテイキングやタイル配置系が好きですね。特定のゲーム名でいうと、トリックテイキング系のボードゲームだと『ザ・クルー』、タイル配置系だと『アイル・オブ・キャッツ』というゲームが好きです。

◆たかひろさん一押しのボードゲーム『アイル・オブ・キャッツ』

「ありがとうございます。次に店舗についてのお話をお伺いしたいのですが、あまやどりという名前はどういった由来なのでしょうか?」

もともと私はカエルが好きで、店舗にカエルの置き物を置きたいと思っていました。店舗のイメージとしては雨宿りするように気軽にフラッと立ち寄れるような空間を目指していたので、カエルと雨のイメージとマッチして、『あまやどり』という名前にしました。

◆店舗内には至る所に可愛いカエルの置物が置いてあります。

「店舗内の内装も親しみやすく、立ち寄りやすい雰囲気ですね。開業当時のエピソードについてもお伺いできますか?」

店舗開業は大変でしたね。前職は介護士でしたので、ノウハウもなく、知人に開業している人もいないので、独学で様々な本を読み、勉強しました。物件探し、資金調達を経て、2020年1月になんとか開業に至ったという感じです。他に開業前にやっていたこととしては、Twitterで開業までの様子をツイートしていました。内容としては、店舗の内装や料金プランの紹介などを行なっていたのですが、オープンを楽しみにしていただけるお客様も増え、開業当時にはある程度認知していただけていていたのかなと思います。ところが開業後2ヶ月、ようやく軌道に乗ってきたかなというタイミングでコロナウィルスが流行してしまい、4月には緊急事態宣言が行われてしまいました。

◆あえて席の間隔を広くしたという店内の様子

「開業直後で資金面にも不安がある状態での緊急事態宣言となってしまったかと思いますが、どのように乗り越えていったのですか?」

それこそ最初は身内に相談をしたりしていたのですが、クラウドファンディングで皆様にご支援いただいたことが大きいですね。返礼品として、フリータイム券やオリジナル商品などを用意していたのですが、かなりの金額をご支援いただき、大変助けになりました。改めてこの場をお借りしてですが、皆様、いつもご支援有難うございます。

◆128人もの方から支援されていることからも、人気ぶりが伺えます。

「オリジナル商品というと、店舗内に手作りのポップも多く見られますが、デザインはどうしているのでしょうか?」

デザインは一緒に店舗を運営しているもう一人のスタッフがおり、その者が担当しています。独学で始めたそうなのですが、手作りのポップだけでなく、ドリンクメニューや夏祭り・クリスマスなどのイベントのチラシなどのデザインも担当してくれています。

◆独学で学んだとは思えない程、見やすいポップだと感じました。

「本当に優しく親しみやすいデザインで、店舗に来た方にはぜひ注目してみて欲しいですね。空間作りというポイントでは何か意識している点はありますか?」

リラックスしていただけるような空間作りを意識しており、席と席の間隔をわざと広めにとっています。詰めたらもう1テーブルぐらいは置けると思いますが、それよりもインテリア屋さんのような、お客様が入ってきやすいような空間作りを意識しています。インテリア屋さんといえばいろいろな商品をおいてあるイメージですが、あまやどりでもテーブルは6卓全て違うテーブルを採用しています。また相席のお客様が8割近くいらっしゃるので、1人でも入ってきやすいように明るい雰囲気にすることも意識しているポイントですね。

◆冬にはこたつにもなるという、座敷席も用意されています。

「相席が8割というのもすごいですね、直接来店されて相席をご希望されるお客様が多いのですか?」

直接ご来店されるお客様もいらっしゃるのですが、最近ではBoDoGeGoというボードゲーム専用マッチングアプリを導入したので、そこから相席予約をされるお客様が多いですね。アプリを利用して来店されると割引などのキャンペーンを行っていたりするので、お客様にとってもかなり使いやすいのではないかと思います。

「緊急事態宣言も明け、これからのあまやどりの展望について、何か考えていることなどはありますか?」

皆様にもっとあまやどりを知っていただきたいと考えています。それに関連して、あまやどりグッズの販売を行います。オリジナルデザインのトートバッグや缶バッジなどを販売します。今後はマグカップなど日用品の販売や、ボードゲームの自作も検討しています。

◆オリジナルデザインのトートバッグと缶バッジは是非セットで欲しいですね!

「ありがとうございます。最後にこれから初めてあまやどりに来店されるお客様に向けて、一言メッセージをいただけますか?」

あまやどりは相席が多く、お客様の内訳としては常連さんが7割近くを占めています。とても優しい常連さんの方が多くいらっしゃり、初めてご来店されるお客様が来ても、一緒にやろうよ。という空気感があります。お客様と一緒に作り上げていくお店のようなイメージで、誰が来ても楽しめる空間作りをしていますので、初めてでも心配しないで、一歩勇気を出して来てみてください。

◆編集部も大変明るく出迎えていただきました。(笑)

まとめ

オーナーのたかひろさん、スタッフのすずさん、お忙しい中ご対応いただき、誠にありがとうございました。今回はJR御徒町駅 徒歩2分のあまやどりさんにお話を伺いました。まず印象に残っているのはお二人の人柄の良さ、そして店舗内の居心地の良さです。お二人の明るく優しい雰囲気を表したかのような店内で、思わず長居してしまいました。(笑) 「お客様と一緒に作り上げていくお店」と話されていたように、お客様を楽しませることはもちろん、お二人も楽しそうに店舗の運営をされていることが、人気の秘訣なのかな、と思いました。次回はぜひ相席希望でお伺いしたいと思います!

おまけ

店舗内のポップや装飾があまりにも好みだったので、いくつか紹介させてください!

◆ボードゲーム紹介のポップも複数飾られています。

◆ゲームはジャンル毎や人数毎に分かりやすく配置されています。

◆イベント時には都度チラシを作成しているとのこと。

◆ゲームに必要なアイテムの貸出もあります。

◆置物もよく見るとカエルが前ならえをしているなど、配置にもこだわっています。

お店の情報はこちら

あまやどり

HP
https://amayadori.site/
Twitter
https://twitter.com/cafe_amayadori
電話番号
03-5817-8083
営業時間
営業時間 13:00〜23:00
定休日  水曜日
住所
〒110-0005 東京都台東区上野5丁目25−17−5F
アクセス
JR御徒町駅 南口より徒歩2分

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.