【ザ・マインド】~みんなで心をひとつに~

【ザ・マインド】~みんなで心をひとつに~

ザ・マインドはプレイヤーの精神を一つにする事をゲームとしたオーストリア人で、子煩悩なお父さんクリエイターWolfgangの作品です。こちらのボードゲームは2018年のドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされた作品で、言葉を一切発してはいけない協力型のボードゲームです。今回はそんなザ・マインドのルールを紹介します。

116

プレイ時間プレイ人数利用シーン
~20分2〜4人お家でゆったり

1.ザ・マインドのおすすめポイント

最初に、ザ・マインドのおすすめポイントを3つ紹介します。

1-1.ザ・マインド – ここがおすすめポイント① – 人間って言葉なしで話せるんだ!

普段、コミュニケーションには文字や、言葉は絶対欠かせないものと思います。けどそんな価値観を真っ向から覆してくれるのがこのザ・マインドというゲームです。普段よりも相手の思考や、考え方、色んな細部に目をやり、人の新しい一面が見えてくるはず!

1-2.ザ・マインド – ここがおすすめポイント② – 何度でもやりたくなる中毒性!

ボードゲームの中でも20分かからずに出来てしまう軽ゲーに位置するザ・マインド。ただ普通の軽ゲーと違うのが、一度始めるともう一度みんながやりたくなる中毒性です。最初のレベルでも上手くできなかったはずのチームが気づけばお互いの経験値が上がり徐々に高い難易度をクリアしていく面白さに中毒する事間違いなし!

1-3.ザ・マインド – ここがおすすめポイント③ – 達成感と一体感の心地よさ!

なんといっても最大のオススメポイントはザ・マインドを通じて生まれる一体感と、レベルを上げるごとに達成した時には思わずみんなでハイタッチをしてしまう程の達成感です。ボードゲームで競争する事はあっても終わってみんなでハイタッチをする事なんて中々無いですよね~!

2.アイテムの紹介

次に、ザ・マインドをプレイする上で使われるアイテムについて紹介します。ザ・マインドの箱を開けると4種類のカードが格納されています。順に説明していきます。

左上からレベルカード、数字カード、ライフカードと、手裏剣カードになります。

ゲーム内容物

3.ゲームの目的

次にザ・マインドの目的について紹介します。ザ・マインドはプレイヤー間のコミュニケーションを禁止した中で数値を小さい方から大きい方へ積み上げていくゲームです。全てのプレイヤーが持っている手札を全て出し切ればレベルの達成となります。ゲームの進め方は、「5.ターン消化の流れ」で説明します。

4.ゲームの準備

ザ・マインドをプレイする前の準備として、大きく①場の準備と②プレーヤーの準備の2つに分けられるので、順を追って説明します。

4.場の準備

プレイヤーに応じて、下記の通り使用するレベルの枚数を選びます。 また、初期で使用できるライフと手裏剣が変わるので使用できる枚数分をテーブルへ置きます。

2人:レベル1-12 / ライフ1枚 / 手裏剣1枚

3人:レベル1-10 / ライフ3枚 / 手裏剣1枚

4人:レベル1-8 / ライフ4枚 / 手裏剣1枚

数字カードを良くシャッフルし、レベルの数値と同じ枚数を各プレイヤーに配ります。 配ったカードは他のプレイヤーには見えないようにして、カードが配られたタイミングから一切の発言やジェスチャーは禁止になります。

ゲームのヒントですが、このゲームで一番のヒントになるのは 時間 です。 時間の経過が、皆さんに次の数値までの距離を徐々に教えてくれるはずです。

5.ターン消化の流れ

ゲームが手許にない中で視覚的にもよりイメージを持って貰うためにYouTubeでザ・マインドのルールを説明している動画も併せて紹介します。

以下、①~④がターン消化の流れです。

①最初の1枚 全員にカードが配られた時点からゲーム開始です。ここで最初に立ちはだかる難関が1枚目のカードです。お互いにどんな数字を持っているかはわからないので、自分が一番小さい数値を持っている人から出す事になります。

②ゲームのクリア

配られた手札を全てのプレイヤーが小さい順番に出し切った時点でそのレベルのクリアとなります。逆に順番に出せずに間違った時にはストップをかけて、間違えて公開したカードとライフカードをゲームから除外します。この時にライフがすべてなくなればゲームオーバーとなります。

例えば、4人でレベル1をプレイした際に9,43,74,99の数値のそれぞれを持っていた場合は9→43→74→99の順番で小さい方から出せればゲームクリアになります。

③報酬の獲得 クリアしたレベルによっては右下に報酬が描かれていることがあります。 ライフの獲得や、後述するサポートアイテムの手裏剣をレベルクリアとして獲得していきます。

④サポートアイテムの手裏剣

場に手裏剣カードがあれば、カードを消費する事でゲーム中に各プレイヤーは自分のもっとも低い手札のカードを公開して捨てることが出来ます。手裏剣があれば各自1枚ずつカードを少なくできるだけでなく最低だった数字をお互いに確認することが出来ます。

補足としては、手裏剣カードはゲーム中いつでも使用する事が出来ますが、あるプレイヤーが提案した事に対して全プレイヤーの挙手による同意が必要となります。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?ザ・マインドは心を一つにしながらレベルをどんどん上げていく協力型の無言ボードゲームです。会話もジェスチャーもない中で言葉ではなく心をとことん交わせる快感を皆さんも是非楽しんでください!

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.