【スカル】~ドクロを避けてバラをめくれ!ブラフゲームの名作~

【スカル】~ドクロを避けてバラをめくれ!ブラフゲームの名作~

スカルはドクロとバラをモチーフとしたアメリカ発祥のボードゲームです。舞台は1921年8月12日、アメリカ人のジョゼフは世界一周旅行の最後の寄港地であるサンフランシスコでそれまでの旅のお土産を見ていました。その中には先祖の崇拝に使用される美しく装飾された頭蓋骨が付いた花のコレクションがあり、そのドクロとバラにまつわるゲームの話を聞きました。それが正にスカルでした!勝者になるためには相手の嘘を見抜き、はったりをかましましょう。ブラフと推理のせめぎあい、今回はそんなスカルのルールを紹介します。

265

プレイ時間プレイ人数利用シーン
15~45分3〜6人パーティ

1.スカルのおすすめポイント

最初に、スカルのおすすめポイントを3つ紹介します。

1-1.スカル – ここがおすすめポイント① – 最後まで分からないブラフ戦!

ゲームが進むにつれて、自分も相手も持っているディスクの数は減っていきます。ただ何度もスカルを引いて窮地に立たされても最後まで勝敗が分からないのがスカルです。ディスクが残り1枚になっても強気に勝負に出てチャレンジを成功させれば一発逆転で勝利を収める事が出来る面白さがスカルにはあります。

1-2.スカル – ここがおすすめポイント② – チャレンジしないと勝てない!

スカルの中で大事なのがブラフとチャレンジです。結局嘘をつきながら人のディスクを減らす事をしていても勝つことが出来ないのが面白いところです。自分自身の勝負のしどころを見極めていくスリリングな駆け引きにきっとあなたも虜になるはずです!

1-3.スカル – ここがおすすめポイント③ – 綺麗なコンポーネント!

スカルの良いところはなんといっても綺麗なコンポーネントの数々です。バラとドクロのお洒落なデザインとコンポーネントの大きさ、質感はあなたの家の気軽に遊べるボドゲインテリアの一つになること間違いなしです。

2.アイテムの紹介

次に、スカルをプレイする上で使われるアイテムについて紹介します。スカルの箱を開けると以下の様に大きく2種類のアイテムが格納されています。順に説明していきます。

ゲームの内容物 ボード:6種類 ディスク:6種類各4枚ずつ ディスクは花3枚、スカル1枚ずつあります。

3.ゲームの目的

次にスカルの目的について紹介します。スカルは2回チャレンジに成功したプレーヤーから勝ち抜けとなります。一方で全てのディスクを失ったプレイヤーはその時点で敗退します。どの様にしてチャレンジできるかは、「5.ターン消化の流れ」で説明します。

4.ゲームの準備

スカルをプレイする前の準備として、大きく①場の準備と②プレーヤーの準備の2つに分けられるので、順を追って説明します。

4-1.場の準備

初めに、各自好きな色のボードとディスクを選び、自身の目の前にボードの角がドクロの面を表にして置きます。 各ディスクは他のプレイヤーに見せないように手札として持ちます。 *今回は4人でプレイしている想定で紹介します。

4-2.プレーヤーの準備

全員が、手札のディスクから一枚選び裏向きにしてボードの上に置きます。 この際に、各自は自分以外のプレイヤーがドクロを置いたか、花を置いたかはわかりません。

5.ターン消化の流れ

以下、①~③がターン消化の流れです。

①チャレンジ / 追加

スタートプレイヤーは、追加でディスクを重ねるか”チャレンジ”を宣言するか選びます。ディスクを重ねる場合は、手札から1枚選び、裏向きで自分の場のディスクに重ねます。 重ねたディスクは何枚あるか分かるようにしましょう。

誰かがチャレンジを宣言するまでは、スタートプレイヤーから時計回りにディスク追加かチャレンジを選び続けます。

②チャレンジの宣言とパス

誰かがチャレンジを宣言した時点で、誰もディスクの追加は出来なくなります。 チャレンジしたプレイヤーは、今場に出ている花の数を予想して「〇枚」と枚数を宣言します。そこから時計回りに各プレイヤーはチャレンジか、パスを宣言していきます。一度パスしたプレイヤーはそのゲームにはもう参加できません。

パスをしなかったプレイヤーは、 前のプレイヤーよりも多い枚数の宣言をしなくてはなりません。 その後、全プレイヤーがパスするまでそのアクションを続けます。

一番多くの花の枚数を宣言したプレイヤーがチャレンジ権を獲得します。

③チャレンジの検証 チャレンジ権を獲得したプレイヤーは自分のボードのディスクを全て表にする事から始めます。勿論その際にドクロが出ればチャレンジ失敗となります。

その後、他のプレイヤーのディスクを好きなところから表にしていきます。 必ず、一番上から順に処理をしていき、一度選んだ他のプレイヤーのボードの内1枚だけ表にする等もしてはいけません。

④チャレンジの成功と失敗

ドクロが出た時点でチャレンジは失敗になります。

失敗したプレイヤーは、ドクロを置いていたプレイヤーに自分のディスクを裏向きで提示します。ドクロを置いていたプレイヤーはその中からランダムに1枚選び、ゲームから除外します。その際に何のディスクが除外されたかは持ち主以外は分からないようにしましょう。

チャレンジに成功したプレイヤーは、ボードを裏返しにして、花の描かれた面が見えるようにします。これがチャレンジに一回成功したことを表します。次にチャレンジに成功した場合、そのプレイヤーはゲームに勝ち抜けます。

上記のターン消化を重ねていき、最後まで残ったプレイヤーが負けとなります。

ゲームが手許にない中で視覚的にもよりイメージを持って貰うためにYouTubeでスカルのルールを説明している動画も併せて紹介します。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?スカルは誰とでも楽しめる騙し合いのボードゲームです。飲みの場で友人と楽しめば盛り上がること間違いなしです!ぜひ一度プレイしてみて下さい!

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.