【Coup(クー)】~戦略とブラフで勝ち抜くカードゲーム!概要とルールを簡単に紹介!~

【Coup(クー)】~戦略とブラフで勝ち抜くカードゲーム!概要とルールを簡単に紹介!~

Coup(クー)はクーデターをモチーフとしたボードゲームです。2013年のゴールデンギーク賞カード部門とパーティ部門にノミネートされた作品です。販売元はAeon's Endなどを販売している、Indie Boards & Cardsで、拡張版として、Coup: REFORMATION が発売されています。今回はそんなCoup(クー)の概要を紹介します。

235

プレイ時間プレイ人数利用シーン
15分2〜6人友人と、家族と、パーティで

1.Coup(クー)のおすすめポイント

最初に、Coup(クー)のおすすめポイントを3つ紹介します。

1-1.ここがおすすめポイント① – 相手にバレないようにブラフを使う!

Coup(クー)では自分の手札にないキャラクターカードのアクションも行うことができます!
ブラフだとバレてしまわないよう、場の状況に応じたアクションを選択しましょう!

1-2.ここがおすすめポイント② – 他のプレーヤーの行動から推理!

ブラフがあるということは、ブラフを当てる「Challenges(挑戦)」という行動も可能ということです!
どれがブラフの行動なのか、後半はアクションが限られてくるので注意して観察しましょう!

1-3.ここがおすすめポイント③ – 6人までのプレイはもちろん、2人でも遊べる!

このCoup(クー)というゲームは6人まで遊べるゲームなのですが、2人でも遊ぶことができます!
情報が少なくなるのでブラフを見抜くのが難しくなりますが、気軽にプレイできるのでオススメです!

2.アイテムの紹介

次に、Coup(クー)をプレイする上で使われるアイテムについて紹介します。

アイテム一覧の画像

ゲームの内容物

  • サマリーカード(写真左上)
  • コイン50枚(右上)
  • キャラクターカード(下)

拡張版ではチーム戦やキャラクターが追加されます!ぜひこちらもお試しください!

3.ゲームの目的

Coup(クー)の目的について簡単に紹介します。
Coup(クー)は最後まで生き残ったプレーヤーが勝者となります。

以下、簡単にルールを紹介します。

まずはゲームの準備について説明します。

サマリーカードとコイン2枚を各プレイヤーに配ります。 各プレイヤーにランダムに2枚キャラクターカードを他の人に見えないよう裏向きで配ります。

残りのコインとキャラクターカードは中央に置きます。

プレーイメージの画像

ゲームの準備

各プレイヤーの手元の伏せてあるカードは行動可能を意味し、
手元の2枚のカードが他プレイヤーからのアクションにより表向きとなり行動不能になった場合、そのプレイヤーは敗退となります。

全てのプレイヤーが自分のターンに行えるアクションは以下の通りです。

  • Income(収入):場からコインを1枚獲得する。(他プレイヤーからブロックされない)

プレーイメージの画像

Income(収入)を行った状態

  • Foreign Aid(援助):場からコインを2枚獲得する。(Duke(公爵)はブロックできる)

プレーイメージの画像

Foreign Aid(援助)を行った状態

  • Coup(クー):場にコインを7枚支払い、他プレイヤーのキャラクターカードを1枚行動不能にする。(他プレイヤーからブロックされない)

プレーイメージの画像

コインが7枚あるのでCoup(クー)を行える状態

各キャラクターが持つアクションは以下の通りです。

  • Duke(公爵):Tax(税収)→場からコインを3枚獲得する。
  • Assassin(暗殺者):Assassin(暗殺)→場にコインを3枚支払い、他プレイヤーのカードを1枚行動不能にする。
  • Captain(指揮官):Steal(窃盗)→他のプレイヤーから2枚コインを奪う。
  • Ambassador(大使):Exchange(交換)→場のキャラクターカードデッキから2枚取り、好きな1枚と自分の手札1枚を交換する。自分のキャラクターカード1枚と選ばなかったキャラクターカード1枚は場のキャラクターカードデッキに戻す。

各プレイヤーは自分のターンに上記7アクションの内、いずれかのアクションを行います。
この際、他プレイヤーはそのプレイヤーが行ったアクションに対して妨害をすることが可能です。

妨害についてもキャラクター毎に能力があるので、紹介します。

  • Duke(公爵):Foreign Aid(援助)を妨害できる。
  • Captain(指揮官):Captain(指揮官)が行ったSteal(窃盗)を妨害できる。
  • Ambassador(大使):Captain(指揮官)が行ったSteal(窃盗)を妨害できる。
  • Contessa(伯爵夫人): Assassin(暗殺者)が行ったAssassin(暗殺)を妨害できる。

ここで、【クー(Coup)】というゲームの醍醐味を紹介します。
それは各プレイヤーはキャラクターカードを持っていなくとも、アクションや妨害を行えるというルールです。

このルールによりブラフ(相手を騙すこと)が生まれるのですが、 他プレイヤーのブラフに対して、各プレイヤーはChallenges(挑戦)を行うことができます。

Challenges(挑戦)をされたプレイヤーはカードを1枚表向きにします。
この際、キャラクターカードを所持していると証明できた場合、Challenges(挑戦)をされたプレイヤーは表向きにしたカードを場のキャラクターカードデッキに戻し、新たに1枚キャラクターカードを手札に入れます。

プレーイメージの画像

自分が行ったAssassin(暗殺)に対してChallenges(挑戦)されたが、証明に成功した状態

Challenges(挑戦)に失敗したプレイヤー(Challenges(挑戦)され証明できなかった、
もしくはChallenges(挑戦)したが相手に証明された)は1枚キャラクターカードを表向き(行動不能)にします。

プレーイメージの画像

自分が行ったブラフに対してChallenges(挑戦)され、証明できず1枚が行動不能になった状態

上記を繰り返すことで、最後まで生き残ったプレイヤーの勝利となります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?
Coup(クー)は2人から6人まで気楽に楽しむことができ、ブラフや推理力を駆使するオススメのカードゲームです!ぜひ一度プレイしてみて下さい!

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.