【BIG SHOT】〜「ハゲタカのえじき」の作者が手掛ける名作オークションボードゲーム!〜

【BIG SHOT】〜「ハゲタカのえじき」の作者が手掛ける名作オークションボードゲーム!〜

BIG SHOT(ビッグ・ショット)は、「ハゲタカのえじき」や「ガイスター」などの作者であるアレックス・ランドルフ氏が手掛けるオークションボードゲームです。都市開発によって不動産バブルとなった都市を舞台に、投資家となって街の区画を競り合います。土地の適正価格を見極めながらオークションを進めて所有する土地の得点を競うゲームです。

82

プレイ時間プレイ人数利用シーン
45分4人パーティー

1. おすすめポイント

1-1. 考えどころが満載!

一つの区画におけるキューブ7つまでで、その区画のマジョリティを獲得したプレイヤーが区画を得ることができます。 7つの枠のうちの過半数のキューブを専有して区画を勝ち取るのか、あえて資産家の興味を惹いて均衡状態のなかで出し抜くか、あるいはひっそりと土地を得るのか、区画のとり方一つとっても戦略がたくさんあります。 それに加え、どの土地の所有権を狙うか、オークションに競り勝つためにいつ借金をするのか、他のプレイヤーとの駆け引きが詰まっています。

1-2. 借金によるジレンマにつぐジレンマにハマる・・・

BIG SHOTは資産が全くと言っていいほど足りません。 そのため、借金の仕組みがありますが、文字通り借金には利息がついており、借金をするごとに得られるお金が減っていきます。 いい土地はオークション形式で価格が上がっていくため、借金をしてでも勝ち取りたいところですが、 借金を続けると自分の資産が目減りしていく一方で、土地を買わないと資産が増えていかないジレンマに突入していきます。

2. アイテムの紹介

次に、BIG SHOT をプレイする上で使われるアイテムについて簡単に紹介します。

アイテムは以下8種類のアイテムを使用します。

  • 13個のエリアに分かれたゲームボード 1枚
  • ダイス 1個
  • 所有権キューブ 72個 (4色、各18個)
  • 売却済みマーカー13個
  • 不動産屋コマ 1個
  • コイン45枚
    • 1M x 20枚
    • 5M x 15枚
    • 10M x 10枚
  • 借用書トークン 28枚
  • プレイヤートークン 4枚

写真左側:ゲームボードと説明書

写真右側:上から、売却済みマーカー・借用書トークン・所有権キューブ・プレイヤートークン・不動産屋コマ・ダイス・コイン

3. ゲームの目的

BIG SHOTの目的について簡単に紹介します。

BIG SHOTはゲーム終了時点で所有する区画のポイントが最も高いプレーヤーが勝者となります。

4. ゲームの流れ

ゲームが手許にない中で視覚的にもよりイメージを持って貰うためにYouTubeでBIG SHOTのルールを説明している動画も併せて紹介します。

4-1 不動産屋コマの移動

ダイスを振って、その手番のオークションマスに不動産屋コマを移動します。

4-2. 所有権キューブのオークション

不動産屋コマが置かれているオークションマスの4個の所有権キューブをかけてオークションを実施します。

4-3. 所有権キューブの配置

オークションで落札したプレーヤーは、オークションマスにある4個のキューブを受け取り、任意のエリアに配置します。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

BIG SHOT(ビッグ・ショット)は、「ハゲタカのえじき」や「ガイスター」などの作者であるアレックス・ランドルフ氏によって緻密に設計されたルールが、プレーヤーの駆け引きを加速させるオークション形式のボードゲームです。ぜひ一度プレイしてみて下さい!

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.