【協力ゲームも!】5人以上で遊べるおすすめのボードゲーム3選

【協力ゲームも!】5人以上で遊べるおすすめのボードゲーム3選

86

子供と一緒でも、大人同士でも盛り上がれるパーティゲーム【そっとおやすみ】

プレイ時間 人数 利用シーン
15分 3〜7人 家族と、大人数で、ゆったり

【そっとおやすみ】はババ抜きのように、カードを回しながら 同じマークを4枚そろえるゲームです。 4枚そろったら、こっそりとカードを伏せます。 誰かが伏せるのを見つけたら、各プレイヤーはこっそりとカードを伏せていきます。 伏せるのが一番遅いプレイヤーが負けとなります。

相手の動きを見逃さないように注意する必要がある緊張感のあるババ抜きです。

関連動画紹介

相手チームより先に味方のスパイを全員見つけよう!【コードネーム】

プレイ時間 人数 利用シーン
15分 2〜8人 友人と、大人数で、ワイワイ

【コードネーム】は、たった1つのヒントをもとに出題者の考えたキーワードを当てるゲームです。

スパイとなったプレイヤーは2つの組織に分かれて、仲間のエージェント(=キーワード)を探します。

各組織には、すべての情報を握るマスターが1人いて、毎ターン1つのヒントをチームに共有することができます。 このヒントをもとに、チームで協議を重ね、マスターが連想しているキーワードをあてていきます。

マスターは、具体的なヒントで確実にキーワードを見つけてもらうもよし、1つのヒントで複数のキーワードを連想させるもよしです。 ただし、キーワードには、1つだけ選んだら即負けとなってしまう暗殺者が潜んでいます。 暗殺者を避けながら、相手の組織より早くエージェントを見つけたチームが勝ちとなります。

関連動画紹介

メディアで話題、2つの遊び方が楽しい協力ゲーム【ito(イト)】

プレイ時間 人数 利用シーン
30分 2〜10人 パーティで、大人数で、ワイワイ

【ito(イト)】は、数字の発言厳禁というルールのもと、1人1枚、1〜100の数字カードを使って遊ぶゲームです。

遊び方は2通りあります。

  • 協力して小さい順にすべてのカードを出す 「クモノイト」
  • ブラフあり駆け引きをして運命の相手を見つける「アカイイト」

【ito(イト)】は、何かのテーマにそって数字を表現していきます。

数字を表現するために趣向を凝らした表現でコミュニケーションが盛り上がること間違いなしです。

関連動画紹介

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.