ワードッチ

ワードッチ


ゲーム概要

  • 日本一カオスな時間
  • ワードを比べる簡単なゲーム
  • 色々な場で遊べて、うちとけあえる!
プレイ人数 3〜8人 プレイ時間5〜10分
対象年齢6歳〜 価格1,000円
発売時期2022春 予約 不可
ゲームデザインニルギリ(するめデイズ) イラスト・DTPTANSAN

ゲーム詳細

絶対にわからないキジュンを探る
ハチャメチャ会話ゲーム!

「アークライト・ゲーム賞2021」最優秀賞作品『どひょ~!どんなコトバもワードスコイ』をリメイク!
「小さい・かんたん・超楽しい!!」アークライトキャラメルシリーズ第1弾!

 

◆どんなゲーム?

●【1分でルール解説】『ワードッチ』

 

 

◆ゲームの準備

1.親を 1 人決めます。その他は子となります。
2.ワード面を上にしたカードを、親に 2 枚、子に1枚ずつ配り、各自は手元に置きます。
3.親は自分のカード 2 枚のキジュン面をコッソリ見て、1 つを今回の「ヒミツのキジュン」に選びます。

★キジュンはゲームの最後まで子に教えません。

◆調査フェイズ

1.親は自分のカードのワード面から、適当な 1 つを読みます。このワードが最初の「暫定チャンピオン」となります。



2.子は適当に思いついたワードを親に投げかけます。順番や回数制限はないので、次々にテンポよく言ってください。

★思わぬワードで道が開けることがあります。深く考えず、自由に言っていきましょう。
★手元のカードは補助です。ワードが思いつかないときに使ってください。



3.親はヒミツのキジュンに従って、いま言われたワードと暫定チャンピオンを比べ、どっちが勝ちか答えます。判定は親の主観で行い、勝ったワードが新たな暫定チャンピオンとなります。


 

4.子は親の答えをヒントに、なんとなくキジュンを想像します。そうして調査フェイズの2と3を繰り返して勝ち残り戦を行い、親はワードが出尽くしそうだな / もうそろそろいいかなと感じたら、調査フェイズを打ち切って決選フェイズに進みます。

決選フェイズ

1.決選フェイズは 1 回勝負です。子はこれまでに出たワード以外で、親が選んでくれそうなワードを1 つ思い浮かべます。思いついた人は目印として親指を立てます。

 

 

2.全ての子が親指を立てたら、親は「せーの!」と合図を出し、子は同時にワードを言います。

 

 

3.親が 1 つずつ確認していき、今回のキジュンで最もいいと思う「優勝ワード」を選びます。そのワードを言った人が優勝です!

 

 

4.親は今回のキジュンをネタバラシし、全員で自由に感想を話して楽しみましょう。

 

 

 

◆内容物

・カード:81枚(カードサイズ:63×44mm)
・説明書:1枚
箱サイズ:67×100×23mm

 

◆関連リンク

するめデイズ web
するめデイズ Twitter(@surume_days)
TANSAN web
TANSAN Twitter(@TANSANFABRIK)

ゲーム体験

キッズ, ボードゲーム, 大喜利,

SNSも更新しています

BOARD

このサイトに掲載された記事の無断転載を禁じます。

©2022 Board, Inc.